- 廃車なび - https://haishanavi.net -

廃車に関するトラブル

廃車処理を業者に依頼する時、時としてトラブルを引き起こしてしまう場合があります。
ここでは、廃車を行う時に起こるトラブルを紹介しますので、原因を理解してトラブルを起こしてしまわないようにしましょう。

依頼後に手数料を取られた

実際に廃車を依頼すると、ディーラーさんやその他の業者さんによっては、廃車手続きを有料で行っているところがあります。
事前に無料か有料なのかを明確にしてから依頼しましょう。
ディーラーさんの多くは、廃車手続きをまとめて外部へ委託、もしくは事務の人が行くなどあります。
車屋さんは人が動けば人件費がかかり、陸運局では印紙代などが実際にかかります。
そこに自社の利益を乗せ、お客様へ手数料として請求する場合があります。
当社のサービス「廃車なび」では、解体した車輌を鉄から資源に換え、通常かかる手数料をそこから補っているので、
お客様のご負担は基本的にございません。安心してご依頼下さい。

金額に関するトラブル

見積時の金額の内訳は明確にしておきましょう。
廃車手続きの費用や、車輌に値段がつく場合の買取査定など、金額に関するトラブルは未然に防ぎたいところです。
見積時に提示された金額が、実際に引き取った後に変わっていたりしたら・・・もちろん納得出来ませんよね。
提示された金額に廃車の費用が含まれているのか、車輌自体の買取金額がいくらなのか、自動車税等の還付金はその中に含まれているのか、
事前に確認する事で、後々のトラブルを防ぐことが出来ます。
本来、自動車税・重量税などの還付金は、廃車を依頼したお客様に当然還ってくるべきものです。
買取業者によっては、還付金があるにもかかわらず、お客様に還付せず業者がそのまま受け取ってしまう場合があります。
お客様ご本人の知らない間にこの還付手続きをしている場合がありますので、買取業者に相談する時は、確実に還付がされるかどうかを確認しましょう。

出張見積もりに関するトラブル

お車の買取査定を出張見積りでおこなう業者は多いです。
出張見積もりを依頼して自宅まで来てもらった際、査定員がそのまま自宅の中に居座って帰らないというトラブルがあります。
なんだか信じられないかもしれませんが、実際にあることだと言われています。
出張買取査定は無料をうたっているところがほとんどですが、業者からすれば、査定員を派遣した時点でコストはかかっています。要するに人件費ですね。
派遣された査定員は、もちろん買い取る前提でお客様のもとに向かいます。買い取りの契約が成立されなければ赤字です。
お客様からすれば、無料出張査定だから気軽に依頼してみた、というのが心情でしょう。
しかし、業者は必死です。全ての業者がこの限りではありませんが、お客様が買取金額に納得していないのにもかかわらず、成約するまで居座るというのは問題ですね。
こういったトラブルは、依頼者が高齢者や女性だけの場合が多いので、その点も注意してトラブルを回避しましょう。

名義変更がされない場合のトラブル

高値で買い取りしてもらったことに満足して、その後の手続きの確認をおろそかにしてしまうと、後々トラブルになってしまうことがあります。
依頼した業者から、廃車の証明書は届きましたか? 名義変更はきちんとされていますか?
名義変更されないまま使用され、翌年の自動車税の請求がまた届いてしまう、という事があります。
酷い時はそのまま車検が切れて放置され、忘れたころに警察から車を引き取りせよ、との連絡が来ることも。
依頼する前に、廃車の証明書がきちんと発行されるのか、買取の場合は名義変更後の車検証を受け取れるのか、事前に確認しましょう。

悪質な業者にご注意ください

登録を受けていない業者ではありませんか?

2002年に制定されたリサイクル法により、廃車に関する解体は、都道府県知事または保健所設置市の登録を受けた引き取り業者でしか行えません。
登録を受けていない悪質な業者は車を不法投棄し、それだけでなく、永久抹消登録や引取証明書の発行が出来なくなってしまいます。
発行が出来なかったらどうなるか?自動車重量税の還付がなくなるだけでなく、お客様の元に毎年自動車税の請求が来ることになるのです。
安心出来る登録業者をお選びください。(廃車なびはリサイクル法を受け、信頼性の高い登録業者のみでの解体を行っています。

引取りの際、「書類は委任状だけでいい」と言われた事はありませんか?

その場合、名義変更がなされていない恐れがあります。すぐ確認を取りましょう。
廃車にする際、名義変更は必要不可欠です。
名義変更がなされてない場合、お客様の元に車自体がなくても、自動車税の請求が毎年届くことになってしまいます。
廃車なびは名義変更を速やかに行い、抹消登録完了の通知書を確実にご送付いたします。

買取を頼んだら廃車手続きや処分手数料などと、買取りどころかお金を請求されたことはありませんか?

こういったケースは悲しい事ですがよくある事例です。全ての買取り業者が廃車手続きを無料サービスとして提供しているわけではありません。安易に「高額買取」というキャッチコピーにつられて契約をし、書類を全て預けた直後に「買取りはできません」といって有料サービスの廃車手続きを強制的に行われる恐れがあります。悪質でない業者様であっても、廃車の無料サービスを実施していない場合もあります。お客様自身が表面上の勧誘に惑わされずに、サービス内容を事前にご確認されることが、トラブルの回避に繋がります。(廃車なびは、廃車手続きを基本的に無料にて承っております。お手続き完了後にお客様に代金を請求することは一切ございません。

まとめ

廃車に関するトラブルについて、ご参考になりましたでしょうか。
トラブルは、先入観や知識不足によって起こりますが、廃車手続きの仕組みを全て理解するのは難しいですし、そこは安心してプロにまかせたいところです。
お客様から依頼を受けた場合、業者には説明責任があります。もちろんお客様が要求する前に説明することが望ましいですが、業者側にも先入観があるのが事実です。
廃車手続きの流れ、金額の確認、証明書の発行など、業者側とお客様でしっかりと相互確認し、トラブルを未然に防いでいきましょう。